【採用面接】『相手の本質』を見抜く3つの質問

こんにちは、キャリアコンサルタント三上です。
面接官が意識してる基本は、「(相手も私も)本心・本音で話しているか」だけです。
実際私も、こんな質問たまにします。
(1)自分、性格悪いな~と思った出来事教えて?
面接は自分をセールスする作業なので、どうしてもポジティブなエピソードや素晴らしい実績を披露することだけに陥りがち。
入社後の持続的な活躍可能性=再現性を見ているのでアピールも大切ですが、人なんて裏オモテ、影ひなたがあるのは当然のこと。
長所の裏返しの短所についてきちんと「客観的に自覚」できているかが大事。
悪い面、嫌味な面、弱点があること自体はOKで、それを無自覚、無意識に隠してしまう方がよっぽど罪深い。
いいも悪いも
「きとんと自己開示=本音で心を開く」ってことができない人は、社内からもお客様からも信用・信頼されません。
(2)あなたの理想の社会はどんな世の中ですか?
個人と企業のビジョンが双方共鳴、共感できるかを確認するために聞きます。
個人と企業が目指している理想や描く未来がのベクトルがずれていたら、どんなに実績や能力が優れていても後々ミスマッチに。
もちろん、その前提にあってしかるべき
「素直さ、正直な心といった誠実さ=人間性・人柄」に欠ける人。
または、会話しても何も見えずに
「ゼッタイなんか隠してる」
的な印象を与えるタイプの人は、どんなハイパフォーマーでも一緒に仕事したくありません(外資はその辺ドライなので別かもですが)。
(3)あなたは自分のこと「運がいい」と思いますか?
私が最も気にすることです。
物事に対する見かたや捉え方といった「自己概念」を確認するために質問します。
降り注ぐ太陽の日差し(陽)があるからこそ、日陰(陰)が生まれる。
つまり、物事は一事が万事「プラスとマイナス=ゼロ」にも関わらず、マイナスにしか意識を向けず、
「自分ってついてない思考」
の人とは仕事うまくいかないです経験上。
自分の後ろにぴったりとついてくる影ばかりに目を向けていては、生産的でクリエイティブなアイデアや提案は生まれない。
ダメなところばかり見て弱点を補おうとする人は、就活や転職活動の前に、まず自己概念を変容させた方がいいです。
ちなみに私は「超ラッキーボーイ」だと思ってます笑。
なぜならパニック発作持ちなので、息できるだけで幸せだから。
以上3つです。
他にも個人的に、
・親や家族と仲はいいですか?(絶対聞いちゃいけないけど笑)
・衣食住以外の最大要素教えて?(私は、笑い・共感・感動)。
いずれにせよ、互いに腹を割って話したいですね。
#面接 #面接対策 #就活 #22卒 #転職 #仕事辞めたい #人事 #採用 #コンサル #キャリアコンサルタント #キャリコン三上 #経営者 #フリーランス #パニック障害