【WEB面接の極意】オンライン面接は「相手を不安にさせないこと」。

こんにちは、キャリアコンサルタント三上です。
コロナで採用形態がガラっとオンライン(ZOOM等)に切り替わったので、現場の人事目線で感想とポイントお伝えします。
◆【朗報】コミュ力低い人ほどWEB面接は都合いい
「話ベタ」な人にとってWEB面接はメリットだと私は思います。
面接が苦手でうまく話せない人ほど「不器用でも素直にまっすぐ一生懸命」伝える姿勢が画面越しに伝わりますし、私も
「聞きもらしのないようにしっかり話の内容に集中しよう」
と思うからです。
逆に、うまく魅せることに長けている「うまく世渡り」してきたタイプには若干不利です。
雰囲気や印象といった小手先のテクニックが通用しないからです。とはいえ、美女やイケメンといった視覚から入る情報ふくめ、何となくの第一印象=好き嫌いの認知バイアスが取れると、
「相手の本質に向き合う」ことができるので、双方にとってメリットサイドの方が大きいと私は考えます。
そもそも、能力評価が面接の本質なのだから「画面オフ」や「LINE通話」でよくない?とすら思います。
いずれにせよ、コミュ力(観察や共感、表現力)の高い人ほど五感を駆使できず、相手の心理描写の洞察にも疲れることは、現場で実感しました。
◆「相手を不安にさせない」ことに集中
コミュニケーションは絶妙な「間」で成り立つものですが、WEBはコンマ何秒かのディレイ(音の遅延・タイムラグ)が発生します。
ノリとツッコミの微妙な間合いで、そのコンマ何秒の世界の中で楽しんできた私のストレスや違和感は、就活生と同じです。
また、「面接官はあなたの鏡」なので
就活生が抱いている
・ちゃんと映ってるかな、聞こえてるかな、意図は伝わってるかな
という不安はこちらも同じです。
だからこそ、「ちゃんと聞こえているよ」を意識する。相手の視覚に訴えることをちょっとだけ演出する、難しいことではありません。
例えば、
・口をしっかり動かす、ハッキリ話す、声を通す(腹話術のいっこく堂さんは行き過ぎですが笑)
・相手の目や口の動きをよく観察して、少しおおげさに相づちを打つ(うんうん、ええ、はい、そうなんですね等)
つまり、相手の言葉一つ一つをしっかり受け取ることが、結果として自分の意図や想いも伝わることに繋がると考えます。
たとえ話ベタでも言葉に詰まっても大丈夫。
「まっすぐ一生懸命伝える姿勢」が、画面越しの面接官の胸を打つはず。
オンライン(WEB面接、面談)は、不器用だけど素直で正直な人にとって明るい時代。
自分らしく頑張ってください!
#キャリコン三上 #オンライン面接 #WEB面接 #オンライン就活 #就活 #22卒 #面接 #転職 #面接対策 #オンラインセミナー #インターンシップ #キャリアコンサルタント #コミュニケーション #非言語 #共感力