拝啓 安室奈美恵さま。「離れてつながる」意味を教えてくれた、とある奇跡の話。

こんにちは、キャリアコンサルタント三上です。
◆いつか終わる運命を本当は知っていた
出会いがあれば別れがあるように、始まりがあればいつか終わりがくることを、本当は知っていた。
奈美恵さんがいつか引退してしまうことも頭の端っこにあったことも分かってた、なるべく気づかないフリをして。
引退までの1年間というお楽しみ期間まで与えてくれて、最後まで「美しい物語」を提供してくれた奈美恵さん。
あの時私は、この「別れの本当の意味」を理解していませんでした、コロナが襲ってくるまでは。
◆コロナ渦の試練で学んだ「奈美恵学」
コロナは人と人を物理的に引き離しました、今までのように人と気軽に会うことが出来ない。
当初は戸惑いもありましたが、今は全く不便も孤独も感じません。それは、2年前に奈美恵さんとの(物質的な)別れを経験したことで、
「離れていても心がつながり合うことの大切さ」を教えてくれたから。
この、離れてつながる大切さを、奈美恵さんはまるで
「コロナが来ることを予想していたかのような引き際の美学」で私に教えてくれた。
そう、奈美恵さんははまさに引退という形で体を張って、
「あなたと私は心(精神)でいつもつながっているから大丈夫」
と、優しく教えてくれたんだと今、私は意味づけできています。
◆『離れてつながる』ことで愛は強く美しく。
もちろん、大切な人には直接会って話したいし、出かけたいし一緒に笑いあいたい。
けれど、たとえ直接会えなくても、私と奈美恵さんや、私と家族や友人とは、いつも心でつながっている。
心さえつながっていれば、どんなに(物理的に)離れていても寂しくないし、むしろ愛は深まるということ。
だから私は、私の周りの多くの愛する人たちに直接会えなくても、もう寂しくない。
「強く、美しく、愛はつながっていく」ことを奈美恵さんから学んだから。
離れているからこそ深く、いつもそばにあなたを感じることができる。
奈美恵さんは「媚びない、群れない、諦めない人」。
私もあなたのように、これからも孤高に、群れずに、周りの優しくて大好きな人たちに遠くから愛を送ります。
ありがとう奈美恵さん。
永遠てゆう言葉なんて知らなかったよね
これからもどうぞよろしくね♡
#キャリコン三上 #安室奈美恵 #安室奈美恵の日 #安室ちゃん #namieamuro #916 #allfor916 #離れてつながる
#永遠てゆう奈美恵なんて知らなかったよね