【副業・独立起業】真の実力は「積み上げとスピード」的な話。

こんにちは。代々木キャリアセンター、チーフアドバイザーの三上です。
壮大な夢を語る人に限って、だいたい足元の努力が不足していると感じます。
大きなジャンプの前には必ずポップステップが必要なのですが、その地道な努力の積み重ねを避けてしまう。
もし、副業や独立を目指している人はそれはダメ。
小さな仕事は受けないとか、日々の努力をコツコツと積み上げることなくして成功はないからです。
組織に居ても同じで、どんな些細な仕事も日々腐らず取り組んでいれば意外に先輩や上司は見てくれていて、ある日突然大きなチャンスが舞い込んでくることがある。
私自身も、独立直後は稼ぎはほとんど無く、どんな小さな仕事も真剣に取り組み、時には横柄で感じ悪いお客さんも断らずに対応していました。
5年目となった今、私の基準は
1.私が提供する価値に相当する対価はしっかりいただく(ビジネスなので)
2.問い合わせ時点でブラック臭がする客はお断りする(機嫌よく仕事したいので)
取引とはいえお客と私は同じ人間であり、上下も優劣も無いからです。
で、話戻しますと
「私も三上さんみたいなキャリアコンサルタントになって多くの人の人生サポートしたい!」
って目キラキラ系な人ほど、今の仕事から逃げたかったり適当だったりする。
壮大な夢の前に、今目の前の仕事に手を抜かず取り組んでいるか。クライアントの課題に自分ごととして真剣に向き合えているか。
足元の基盤。
つまり、ポップステップという基礎・基本を疎かにする人は、だいたいマーケットから早晩消えます。
「仕事に対する真剣かつ誠実な姿勢」こそチャンスを引き寄せると私は信じています。
あと真面目な人によくあるのが、勉強に走っちゃうパターン。
もちろん、キャリアコンサルタントは資格があるのでその勉強は必要ですが、資格や検定は「基礎固めの素振り」のようなもの。
その基礎練習を踏まえて、実際にバッターボックスに立っておっきな空振りしてるうちにたまにゴロが打てるようになり、やがて大きな放物線を描くホームランに繋がる。
つまり、ある程度準備や計画といった構想を整えたらあとは実践あるのみ。
いつまでも「やるやらない」とモヤモヤ自問自答しても時間はあっという間に過ぎてライバルは先を越すので、根拠のない自信で一歩踏み出す勇気とスピードです。
初めから100点狙わず、出来栄えなんて最初30点でいいんです。
走りながら適宜、修正改善を加えていけば、いつか50点、70点、80点と成果の質は高めていけるので。
自分らしく頑張ってください。
#起業 #独立起業 副業 #フリーランス #ノマドワーカー #キャリアコンサルタント #キャリコン三上 #代々木キャリアセンター