ミスチル『GIFT』の意味を解説してみた。

こんにちは、代々木キャリアセンター アドバイザーの三上です。
歴代のオリンピック公式テーマソングの中で、私が大好きな安室奈美恵さんの『HERO』を唯一超える曲だと思うのがMr.Childrenの『GIFT』です。
私の勝手な推測ですが、あの時の桜井さんには「神が降りて宿っていた」と思います(もちろん今もすごい)。
理由は、歌詞のすべてが「神がかってる」からです。全解説は長くなるので特にここに着目します。
『GIFT』(2008)
♪降り注ぐ日差しがあって
だからこそ日陰もあって
そのすべてが意味を持って
互いを讃(たた)えているのなら
もうどんな場所にいても光を感じれるよ
これすごくないですか?
初めてこの楽曲を聴いた当時はまだ20代の若造でしたので、歌詞が伝えたい「真意や重み」を全く感じ取れませんでしたが、今なら何となく理解できます。
幸と不幸、太陽と月、成功と失敗。
裏と表のあらゆることを全て包含(ほうがん)=包み込み全てありのままに受け入れてしまおう。
そうすれば、失敗だって後々意味を持って成功になるし、嫌なことだってとらえ方を変えれば良いことになるし、辛く苦しい経験があるからこそ、幸せや楽しさや喜びを実感できる。
桜井さんは、私が40年かけてようやく、何となく分かったことをもう12年も前に気づいてたんだ、さすが人生のパイセン…。
 そしてこの後彼はこんな優しいメッセージで語りかけてくれています。
♪今君に贈るよ 気に入るかなぁ? 受け取ってよ
君とだから探せたよ 僕の方こそありがとう
(T^T)……。
桜井さんが本当に伝えたかったGIFT、贈り物って「自分らしくあたたかで優しい心」なのだと私は解釈しました。
白でも黒でもなく、その間に無限に広がる自分の色。その鮮やかなカラーをあたたかく優しく放つことで、目の前の相手が、みんなが喜んでくれるといいな、伝わるといいな。
「私の幸せはみんなの幸せ」という、人によってはきれいごとだと切り捨てられてしまう愛を、桜井さんはファンに、私に贈り物として届けてくれた。
これをオリンピックのテーマソングに持ってきてしまうところがもう常人では理解できないので、桜井さんには神が宿っていたのだと思いました。
あの日、自分が誰かに贈ったGIFT。
そして、あのとき誰かがくれた最高のGIFTは、まだ胸の中でひかっていますか?
ひかり続けていますか?

#代々木キャリアセンター #就活 #転職 #ES添削 #面接対策 #就活・転職アドバイザー