WEBグループディスカッション(オンラインGD)まとめ

こんにちは、代々木キャリアセンター アドバイザーの三上です。
最近よく質問される、オンラインのグループディスカッションについてお答えします。
基本的な評価ポイントなどは、過去のポストを参考になさってください。
■「メンバーの総意」で決めてください
議論の手法や進め方は「メンバーの総意」で決めてください、人事は答えを用意していません。
ただ、先方から事前に「NG」を設定されていたら、それはルールなので従ってください。
<先方からのNG例(禁止事項)>
・多数決はしないでください
・役割(書記や進行役など)は決めないでください
・シンキングタイムは作らないでください
そもそも、会議の議題を多数決するなんてありませんし、会議で役割が明確に決まっているわけでもないので当然でかもしれません(企業によりますが)。
あと、初めましての6人や8人が画面に出てきていきなり本題に入るのは「あなた誰ですか状態」なので、私なら最初に簡単に自己紹介を提案します(10秒とかほんと手短に、時間もったいないので)。名前も知らないメンバーと議論したくないからでです(正解ではありません)。
■こんな時どうする?(Q&A)
(1)パソコンの通信環境が悪い場合
・家の通信環境が良くなくて途切れたり、相手の声にタイムラグが発生したりしてしまう。
★(私の考えです)
事前にその旨、メンバーへ率直に伝えてみてはいかがでしょうか。実情を分かってもらうのも円滑なコミュニケーションです。
(2)話すタイミングが被ってしまう
・1対1のWEB面接ならまだしも、6人や8人で行うGDをオンラインで行うことが超ナンセンスなので、気持ちよく分かります。
★これも素直にメンバーに問いかけ、進め方の良案をいただけばよいのではないでしょうか。共に結論を出す同じ船の仲間ですから。ちなみに私なら挙手制にします、理由は次の(3)と同じです。
(3)役割分担はどうすればいいか
★同上です。
ファシリ(進行役)、アイデアマン、書記、タイムキーパー、発表係など役割を固定すると、その人本来の持ち味が出ない気がします。
時間はみんなで気にすれば役割不要だし、書記も速記できる人が立候補すればいい(オンラインなら入力しながら話せるし)。
ただ、いわゆるファシリテーター(進行役)は決める提案をします。
リアルの対面でテーブルを囲んでいる状況と違い、オンラインだと「あ、お先にどうぞ汗」が連発する気がするからです。ただし、メンバーの総意で役割不要じゃない?的な流れになったら、柔軟にその流れに従います。
つまり、その時のメンバーのキャラクター(特性)を分析して役割を柔軟に変え、どうすれば最も自分が進めやすく、かつ、みんなも議論に取り組めるかという視点です。例えば、誰もファシリをやりたがらない時は率先して担います、それがチームワークだと思うからです。
■円滑な議論と良質な結論のために
こんな感じで、オンラインだからといって切り分けて考えるのではなく、普段リアルで対面して会話や議論を進める時に意識していることと同様に、相手や周囲の状況を観察しながら柔軟に役割や立ち位置を変える。
そして、不明点があれば遠慮なく「こんな点が心配なので、本題に入る前にみんなで確認しませんか?その方が安心して取り組めると思うので。」と提案を試みる。
結局、面接もディスカッシも「対策」なんて必要なくて、「会話や議論のテーブルにつく前の土台を丁寧に確認すること」こそ、質の高い議論=コミュニケーションなるのではないかと考えます。

#代々木キャリアセンター #就活 #転職 #ES添削 #面接対策 #就活・転職アドバイザー