リーダーシップの本質とは

こんにちは、代々木キャリアセンター アドバイザーの三上です。
◆リーダーシップの本質とは
就活では、ESや面接で「リーダーシップを発揮したエピソード」を問われることが多々ありますが、そもそもリーダーシップとはどういう事でしょうか。前提として、リーダー=部長やゼミ長経験といった、役職に留まる表面的な意味ではないです。
リーダーシップ。一般的には、
・他者を巻き込んで目標を達成すること
・メンバーを統率し課題を克服すること
・先頭に立ってチームを引っ張ること
定義が多岐に渡るため一概に言えませんが、往々にして「メンバーをまとめ、先陣をきってゴールに向かい成し遂げる力」のように解釈されていることが多いです。
では、一方で「縁の下の力持ち」からはどんなイメージが想起できますか?
・陰ながら努力しメンバーの役に立つ
・人の目につかない所で頑張ること
・日の目を見ずとも地道に粘り強く取り組むこと。
この2つを対比したとき、リーダーが指揮・統率者だとしたら、縁の下の力持ちとは真逆なのでしょうか。リーダーのサポーター的な位置づけですか?
私は、そうは思いません。
社会では今、本当に色んなタイプのリーダーが活躍していますね。先頭に立ってぐいぐい引っ張る従来型の?管理・統率者タイプもいれば、メンバーの個性や得意を十分に尊重した適切な役割配置を行い、リーダー主導というよりむしろ本人は脇役として、メンバーが主体・主導で本人は見守るタイプなど多種多様です。
定義づけできず、かつ多様なタイプ(立ち位置)のリーダーが社会に求められていることを踏まえ、根源的な素養として求められる主体性、協調性、積極性という意味においては、リーダーシップも、縁の下の力持ちも同列というか、どちらが上か下ではないと考えます。
そもそも、みんながみんなガンガン前に出てぐいぐい引っ張るタイプだけが集まっても組織として機能しませんよね笑。
むしろ、小さな気づきや些細な物事を見落とさない丁寧さ細やかさ。あるいは、周囲は見て見ぬフリなのか、自分だけ気づいているちょっとした課題をそのままにせずに、改善や提案につなげていく繊細さや几帳面さも、リーダーシップの本質なのではないでしょうか。
「リーダーシップを発揮して」というフレーズを聞くと、チームメンバーを統率して引っ張った経験がないと萎縮してしまう就活生はとても多いです。しかし、目立たずとも地道な苦労や努力の積み重ねによって、結果的にチームや組織(部、サークル、ゼミ、アルバイト先の店舗等)に貢献していた経験は多かれ少なかれあると思います。
リーダーシップ論に正解はありません。
しかし、そのような「皆がやりたがらない地味で面倒なことを率先して行うこと」と言い方を変えれば、これはもう立派なチームの「底上げ力」であり、これからの新しい時代の組織に必要とされる経験・能力ではないでしょうか。
物事の見かた・とらえ方を少し変えるだけでも違う強みや良さが発見できるので、自分らしくリーダーシップをアピールしましょう。

 

#代々木キャリアセンター #就活 #転職 #ES添削 #面接対策 #就活・転職アドバイザー