· 

コンサル・商社・銀行の違い

こんにちは、代々木キャリアセンター アドバイザーの三上です。
コンサル・商社・銀行の特徴や違いを考えます。
◆コンサルは「思考屋」、商社は「経営屋」
銀行に取って代わって現在絶好調なのがコンサルです。
銀行や商社と違い年功序列ではなく、若いうちから経験スキルを積むことができ実力次第で高収入を狙えるからという理由ですが、実際そんなに甘くありません。実力者は一握りで、新卒入社組はたいがい20代で疲れ果て、30歳手前で日系メーカーや公務員など安定志向で転職する人は多いです。また、当然コンサルは事業会社ではなく、あくまで外側からの支援になることから手触り感のある仕事が少ない割には業務は膨大なため、コンサルの本業である「365日思考し続けること」が苦じゃない人以外は、そのワークスタイルに嫌気がさす人も多いです(3業界の中で最も転職が多いのも理由)。
商社も毎年ランキングを上げています。
コンサルよりも働き方が守られている反面、彼らはリスクテイクを引き受けながら事業投資先の会社へ現場レベルに入り込み、ともに汗をかく手触りのある仕事ができることは武器であり魅力。しかし、経営、財務、IT、人事労務等、なにかの専門家ではないので、自身が経営の主体として事業を経験しながらノウハウを身につけていくスタイルであることから、挑戦マインドや突破力は磨けるものの、「とにかく勢いでやりきってしまう力」の方がモノを言う世界、かつ、身につけられる最大のスキルである一方、まだまだ年功序列も往々にしてあります。
◆銀行が持つ、2つの「情」
それは、「情報」と「人情」です。
銀行は堅い、真面目、融通が利かないと言われますが、本来絶対に見ることの出来ない人の成績表、つまり企業の財務諸表をグリップしており、それを情報源にあらゆる角度から経営者に支援・指導や提案が金融面から可能なこと。それにより20代前半から財務分析能力を身につけられることや、若造のうちから多くの社長(経営者)とまさに真正面から向き合って思考と身体に汗をかく機会も多く、これら多種多様な経営者との出会いがその後の自身の人間やキャリア形成(非金銭報酬)に影響することは大きな魅力。
銀行は血も涙もないと言われがちで、時には神経をすり減らす無情なシーンもあります。
しかし、「人間(心)と人間(心)のぶつかり合い」は3業界で最も多く、その意味で人情味溢れる仕事だと考えます。もちろん、3業界でどこか一番上でという話ではないです。一つの指標として転職における市場価値を考えた際、「数字や情報分析を基盤に、真面目かつ誠実に人の心に向き合い幅広い経営者支援を身近で学んでいる」という、20代で身につけたい多くのスキルを手に入れられると私は思いますので、食わず嫌いはもったいないです。

 

#代々木キャリアセンター #就活 #転職 #ES添削 #面接対策 #就活・転職アドバイザー