· 

「あなたは使い捨ての駒です」

誤解を恐れず言えば、組織は個人を守らないどころか、使い捨ての駒くらいにしか思っていないかもしれません。


新卒で入社したての頃にはピュアだったので忠誠を誓い懸命に働いてたけど、経営が立ち行かなくなったとたん、僻地へ転勤を命じられた、つまりこれは辞めてねというサインです。

その後、転職をしても、どうしても組織の都合で振り回されている感覚が最後まで拭えなかったという意見も聞きます。

 

最近では、とある化学メーカーで男性社員が育児休暇を取って復帰した2日後に転勤を命じられたという、いわゆるパタハラ疑惑もありましたし、とある銀行では昔から、家を購入したらローンを組むことになるので簡単に退職が出来ないことを分かって、そのタイミングで転勤を命じるというケースもあり、枚挙にいとまがないです。

 


あなたは使い捨ての駒だから要りませんって言われる前に、こっちから願い下げだよってなもんで独立することも可能なわけで、結局のところ、生きてくって個を強くしていくしかないのかなと思います。自分は誰の指図も受けたくないし、縛られくないし、組織の論理や都合で自分の大事な人生の時間をすり減らしたくないと思うなら。

 

 


それと、組織に所属してしまうと、どうしても何らかの期待をしてしまうのが嫌なので(雇用とか収入とか仕事内容とか)、フリーランスは収入不安定だけど、頑張るしかないですね。



会社がとても好きだった、職場を愛していたからこそ、恨みや憎しみも強くなるけれど、そんな負の感情には縛られたくないから、前だけ見て生きていきたいものです。