· 

憧れでは務まらない「コンサル」の仕事(1/2回)

憧れでは務まらない「コンサル」の仕事(1/2回)

 

結論からいうと、「コンサル」という言葉が好きな人にコンサルティング業務は向いていません。

 

コンサルタントという言葉を知り、コンサルティング業界に興味を持ったあなたは、この仕事にどのようなイメジを抱くでしょうか。


・高給取りの頭のいいエリート集団が

・てきぱきとクライアントの課題を解決していく

・スマートでカッコイイ仕事

 

だいたいこのようなイメージで認識されている方が多いです。

 

◆コンサルって、どんな仕事?

コンサルタントの仕事は、クライアント(コンサルティングを依した顧客)の職場に出向き、えられた問題を解決することが主となります。

 

その問題は、

・売上が低迷しているので原因を分析して解決策を提示してほしい

M&Aをしたいが、候補となる企業について分析してほしい

人事システムを導入する上で討となる資料を作成してほしい

新しいサビスを立ち上げたいがマケットの魅力度を調べ、自社がシェアを獲れるかシミュレションしてほしい

等、企業が経営しているみを解決します。

 

◆具体的な仕事

起きている問題にしてその原因を突き止めるための事(デタ)を集し、今後の打ち手について討するよう資料を作成する

タがなければ、クライアントヒヤリングを重ねて情報集して資料にまとめる

情報集した容をもとに、仮を立てる。その仮正しいか討するための資料を作成する

・収した資料をもとにに仮し、結果を踏まえて再度仮を立てるための資料作り

 

基本的には、この繰り返しとなります。

タは字がつきものです。

字の分析や統計的理等、理が向いている人が必要となる職場です。

また、今ある情報が不確かかどうか確認する態度、様々な視点から論理的に正しいかどうかを討する知的なタフさも必要となります。

 

そして、立てた仮して顧客の認識をえられるかどうか、顧客を納得させられるかどうかがかかっている報告書の量は、100200をゆうに超え、何をえるかも大事ではありますが、どのようにえるのかという表現力も問われます。

 

つまり、日が卒業論文の作成といっていいでしょう。

これが好きな人って、一握りだと思いませんか?

 

あなたは、論理性と感性が完備された、相手の心を一瞬でつかむ卒論作成が得意ですか?

 

 

しかし、それが仕事なのです。

なぜクライアントは自社でやらずにコンサルに依するのか考えてみてください。

 

です。

自分でできなかったり、したくなかったりするから依するんですよね。

  

◆いずれにせよやることは、事を集めて分析し、ひたすら資料作り・・・

これにきます。

そして、この作業を得意先に席を借りて仕事をしていくのです。

コンサル社のフィは、稼時間にして支われることも多く、無駄な時間は過ごせません。きもしにくく体力的精神的なプレッシャを感じながら仕事をします。

クライアント先に席を置くわけですから、居心地のよい職場というわけではありません。

 

では、コンサルタントの本質的な提供とは何でしょうか。

 

 

 

次回以降のブログでお伝えします。