· 

IT業界・SE職の食わず嫌いはもったいない!(その1)

 

 

IT業界の中でもシステムエンジニア(以下SE)と聞くと、

 

 

・ひたすら1日中パソコンとにらめっこ

 

・プログラミングとか難しそう文系だし

 

・激務で35歳が限界説って聞いたことある

 

 

様々なイメージが一人歩きして、早々に志望業界からバッサリ切ってしまう特に文系の方が毎年居ますが、非常にもったいないです。

 

◆IT業界と言っても種類は様々

ひとことでIT業界と言っても、

 

1ECサイトを運営しているAmazonや楽天

2)ポータルサイト運営のGoogleやヤフー

3ITコンサルティング会社であるアクセンチュアやアビームコンサルティング

4)システムインテグレーター(SIer、エスアイヤー)と呼ばれるシステムの企画・構築、運用保守などを行うメーカー系では日立や富士通やNEC

5PCサーバーなどのハードウェアメーカーでは日本IBMや日本HP

6)システム開発専業では最大手のNTTデータ

7)独立系のSIerとして大塚商会や日本ユニシスやITホールディングス

8)銀行や証券会社の情報システム部門がスピンオフしたシンクタンクである野村総合研究所や日本総合研究所

9)情報システム子会社のユーザー系と呼ばれるみずほ情報総研やニッセイ情報テクノロジーやSCSK

10)インターネット通信インフラを担うNTTグループやKDDI、ソフトバンク

11)ソフトウェアメーカーの日本オラクルやオービックやワークスアプリケーションズ

12)ソフトウェア開発会社(ソフトハウス)

 

 

ざっと切り分けただけでもこれだけ細分化することができます。

 

 

顧客の要望をもとに、その要望に合ったソフトウェアを個別に開発していく業務のことを「受託開発」と呼びます。

 

受託開発は、顧客から直接受注することもあれば(元請け)、顧客から受注した大手SIerの依頼を受けて開発を担当する「下請け」、二次請け、三次請けの仕事をしている企業のことです。

 

皆さんが想像している、

IT業界の過酷な仕事のイメージ」は、おおもとである大手SIerから引き受けた仕事の下請け、さらにその下の孫請けのソフトウェア開発を客先に常駐して行う(12)のソフトハウスのイメージから来ているのだと思います。

 

ですから、IT業界全般や、SE職が過酷でブラックで激務と決めつけてしまうのは間違いで、むしろお宝企業がたくさん隠れているのです。

 

 

狙うは、情報システム子会社(ユーザー系)

この産業構造の頂点に君臨するメーカー系である日立や富士通、NECNTTデータに入社できれば文句なしですが、超人気企業ですのでもちろん競争倍率は3桁を超えます。

 

そんな中でオススメするのが、上記カテゴリーの中の(9)である、「情報システム部門が分離独立したグループ会社(関連子会社)こユーザー系です。

 

理由は、大きく3つあります。

 

 

1.文系でものづくりに携われる

 

2.客先常駐が皆無で比較的転勤がない

 

3.仕事が安定しており男女同等に活躍

 

まず1について、これはSIer全般に言えることですが、文系就職はその約7割が営業職であるため、公務員や大学職員など非営利団体を目指さない限りは、嫌でも営業になります。

 

しかし、SEは営業ではなく、文系でもものづくりに携わることができ、採用実績も豊富です。

 

なぜならば、IT企業の多くは、採用してから社内でしっかり教育するという考えを貫いているため、入社前よりむしろ、入社後の意欲のほうがSEやプログラマーとして活躍可能性が高いからです。

 

また、SE職は職人的に黙々とパソコンに向かってプログラミングを行うだけではなく、「他者との協働力と対話力」がとても重視されます。

そのため、文系ならではの柔軟な思考と発想、人との関わり方やチームで仕事を進めながらコミュニケーションスキルを発揮し社内外で活発に議論を交わす仕事のため、理系のみならず文系にも向いているのです。

 

もちろん、IT知識やプログラミングスキルの習得は理系の方々に混じって学んでいく必要はあるものの、それは自分の努力で全然追いつけます。実際に、ユーザー系企業の採用実績は、その半数が文系出身という企業も少なくないので、就職四季報やネットで調べてみてください。

 

2.の客先常駐でなければ転勤がない事について、ユーザー系はその発祥の由来が、もともとは親会社の本社の情報システム部門が分離独立して生まれた経緯であるため、本店や本社所在地が、その近辺に独立して本社を構えているケースが多く、総合職であるのに転勤が無いこともうま味なのです。

 

転勤は大きなライフイベントとなり、将来のキャリアプランニングの際に引越しを伴う人事異動がその妨げになったり、キャリアを描きづらかったりする事も事実。

 

ただ、大手メーカー系やハードウェア開発企業ともなると転勤は出てくるので、ユーザー系という中規模感が肌に合う方には超オススメです。

 

間違えてはいけないのが、世の中に無数に存在する(12)のソフトハウスに就職してしまうこと。

ソフトハウスは基本的にプロジェクトごとに客先へ出向き、常駐して業務を行うため、プロジェクト単位でコロコロと職場が全国レベルで変わりますし、仕事内容もハードで人材も40歳前後で使い捨て的なブラックな企業が多いです。

 

そのような意味でも、狙うならユーザー系というわけです。

 

メーカー系・ユーザー系・独立系

最後の3.の仕事の安定性と男女活躍について。

おさらいすると、SIerの中には、大まかに分けるとメーカー系、ユーザー系、独立系があります。

 

ヒエラルキーの頂点であるメーカー系の富士通やNEC、日立の子会社には、富士通マーケティングや、NECソフト、日立システムズがあります。

 

また、ユーザー系の中には、伊藤忠テクノソリューションズやSCSK、アイティフロンティアなどの商社系。

 

それから、新日鉄住金ソリューションズや電通国際情報サービス、さくら情報システムズ(三井住友銀行)東京海上日動システムズや、鉄道情報システム(JR)など親会社の関連子会社ユーザー系が多く存在します。

 

ユーザー系(グループ子会社)は、親会社から定期・定量的に仕事が降りてくるため、比較的働き方も給与水準も安定しています。

 

それが、(7)の独立系SIerや、(12)のソフトハウスになると、新規顧客開拓けら、既存顧客の中にさらに潜り込み、新たな需要を掘り起こして仕事を獲得してこなければならないため、ユーザー系全般に比較すると働き方がハードになります。

 

また、金融系のユーザー系であれば、親会社が女性活躍を推進していることもあり(銀行や損保、生保など)、女性比率が非常に多く、育休・産休取得率および復職率も高いので、「総合職×転勤なし」という鉄壁の強みを持つユーザー系企業を、特に女子学生はマストで見ておくべきです。

 

多様なキャリアパスと専門性が身につく

以上の観点から、2回にわたってIT業界におけるSEの可能性についてお伝えしました。

 

小難しいカテゴリーをざっと説明しましたが、SE職の最大の魅力はなによりも「多様なキャリアパスと専門性が身につく点」にあると思います。

 

最初は手探りでも、いずれチームリーダーを任され、その後プロジェクトマネージャーにキャリアを積む人も居れば、要件定義や設計を担当する業務アプリケーション系SEに従事した後には、業務分析や要件定義の専門家としてビジネスアナリストになる人。

 

または、システムの基盤や設計を主に担当する基盤系SEに従事した後に、経営課題をより掘り下げてITの活用法を提案するITコンサルタントに転身するキャリアパスなど多彩です。

 

食わず嫌いはあとあと大きな機会ロスになりますし、IT業界は全般的に選考も早いことから、全く興味は無くても練習になります。

 

自分が気になっている、金融機関やメーカーや商社には、ほぼ関連のシステム子会社が存在するので、まずはそこから調べてみて自分の視野を広げてみてください。