· 

転職者あるあるQ&A(その2)

・妊娠や出産を機に退職しても主婦が再就職することは可能?

再就職できます。昨今では、妊娠や出産で仕事を離れた方の再就職を促進する時代の流れと、そのような公的機関や民間紹介会社があります。仕事を探す前提として、自分にはどのような職務経験と実績があり、その中でどのような能力を身につけたのかを再度、洗い出して棚卸ししてください。そして、比較的女性が活躍している業界、例えばサービス業全般や、過去に勤務していた業界からあたってみることも一案です。それから、以前のようにばりばり働きたいのか、育児と両立を図りながらライフ・ワーク・バランスを保ちながら勤務したいのか等、あなたの職業観を明確にすることも重要です。時短勤務やテレワーク等、働き方改革が推進される中で、働き方を自由に選択できる風潮ではありますが、もと居た職場への復帰が難しい場合には、働き方の希望によっては給料が安くなることは覚悟した方がいいかもしれません。


・30代だけど20代の頃との転職活動方法とはちがうの?

 

30代の転職には、即戦力に加え、幅広い専門領域を備えていることが求められます。かつては、この分野においては長けているということだけで通過する場合もありました。しかし、昨今ではそれだけではなく、例えば金融知識とITスキル、語学スキルと調査・分析経験等、何かとなにかを掛け合わせたスキルや経験を持つ人材が、幅広く需要が多いのが実情です。なぜならば、国内外の情勢を考えると、1つの分野や業界の垣根を超えた競合他社の存在が大きいです。自動車部品メーカーの競合が同業他社ではなくグーグルやパナソニックになったように、あらゆる専門領域を幅広く有している人材のニーズが高まっています。とはいえ、転職市場において35歳以上の転職比率が今や7割前後ですので、20代にはない経験と能力を適切な業界・職種で発揮できればチャンスは誰にでもあります。