· 

面接対策なんて必要ない?

就活・転職活動には面接が必ずあります。説明会から参加、あるいはESを提出して筆記試験を通過してから面接という選考フローが多いです。

 

そこで、面接を行う前に、話すことが苦手だから面接対策を行いたいという意見をよく耳にします。

聞かれることに対して100%的確に答えよう、逆にこれを聞かれたらどうしようという不安から、来たボールを全部打ち返すどころか、相手を打ち負かしてしまおうと考える人も少なくありません。

 

そこで、各大学や公的機関、転職エージェントなどは面接対策講座や模擬面接ということを行い、皆さんを集客しています。面接は、果たして「対策」をする必要があるのでしょうか。

 

過去の行動事実から準備しておく

面接のポイントは大きく2つあります。1つは、「自社に利益やメリットをもたらしてくれる人」であること。もう1つは、「この人と一緒に働きたいなと思える人」であることです。

 

まず、前者については、特に既卒である転職希望者にとっては、職務経歴書が重要になります。自社に利益をもたらしてくれそうだという可能性は、新卒も既卒も過去の行動事実や実績でしか測れません。ですから、既卒の方は、自身の職務経歴を簡潔にまとめ、成果や得られた能力などを明確に示し伝えることが求められます。

 

そして、新卒に関しては職務経験がないため、これまでの学生生活の中でどんな経験をして、どんな壁や困難があり、それをどう乗り越えてきたのかという行動事実から、入社後や将来の活躍可能性を見ています。既卒ほど成果や即戦力は求められないものの、過去の自分の行動事実の棚卸しは必要ですし、その意味では対策というよりも、「話すための準備」は新卒も既卒も必要となります。

 

能力が高い=一緒に働きたいではない

後者のポイントである、「共に仲間として働きたいと思えるか」という点について。

それは、企業の掲げる理念に共感できるかということはもちろん、事業内容や人や風土など、自身が実際に企業と何等かの接点を持ち、肌で感じてはじめてマッチするかどうかというところです。

 

しかし、いざ面接になると、自分の伝えたいことだけを優先して、自慢や成果や能力の高さだけをアピールしてしまう人も少なくありません。入社後の活躍可能性を見るので、もちろんアピールしていただくことは大事なのですが、もっと大切なのは、「一緒に働きたい」と思ってもらえるかどうかです。

 

これは、新卒も既卒も共通ですが、どうしても相手(人事担当・面接官)へ自分の熱意や能力の高さを強調したいがあまり、相手が本当に聞きたいこと、知りたいことに呼応できていないケースがあります。

 

では、どうしたら、この人と一緒に働きたいなと思ってもらえるでしょう。ここからは、個々人の想像力に依拠するところが大きいのですが、一緒に働きたいということは、言い換えすれば、一緒に協力しながら仕事を進めてくれる人。または、性格的にクセがなくて社の雰囲気になじめそうな人。もっと言ってしまえば、 自分(相対する私)を脅かさない人であると思います。

 

成果を出す力が高く、コミュニケーション能力も言語能力も高いハイスペックな人材であればあるほど、自身も優秀さや実績成果を誇示しようとします。受けての人事や現場担当者からしてみたら、確かに成果も能力も高いけど、「なんか鼻につく」「ちょっと受け入れがたい」「(自分の)ポジションやコンフォートゾーンを浸食してきそう」となってしまうと逆効果です。

 

要するに、その人の立場や性格特性を察知し、相手に心地よいと思ってもらえるように適切にアピールすることが求められます。そこで必要になる素養はとてもシンプルです。つまり、 この人と一緒に働きたいと思ってもらうにはどうすれば良いか考え(想像)してみる。

 

例えば、清潔感があって笑顔がいいとか、非常に礼儀正しいとか、素直で明朗で話しやすいなど。

どんな相手にも敬意と感謝の心で接し、優しさや謙虚さや、思いやりの気持ちを持つことがとても重要になります。ポテンシャル採用である新卒の就活に関しては、なおさらその要素が強いと考えます。

 

ですので、小難しく「対策」などと考えずに、どうすれば好印象を持たれるか、どう振る舞えば相手から理解や共感を得られるかだけ考えて、自分が伝えたいことを優先するのではなく、思いやりの気持ちで相手の立場になって何を知りたいと思っているのか想像しながら話してみることをお勧めします。

 

特に新卒に関しては、文字が汚くても、しゃべりが下手でも構いません。

素直さ、謙虚さ、一生懸命さが伝われば内定は得られます。

 

by 就活・転職アドバイザー :
webページ
 Twitter Facebook 就活・転職アプリ