· 

自分と企業の相性を知りたくはありませんか?

 

仕事は大変であり、辛くもあり、苦しいことが多いです。

そういった苦しみの中で、自分なりに成果を出すことで、達成感を味わえるのです。もちろん楽勝で圧倒的成果を出せればいいのですが、世の中、そうはうまくいきません。

 

成果を出すためには、長い年月を取り組む必要があります。

そこで培ったノウハウや経験を活かした勝負なのです。長く仕事に取り組んでいく中で、「この仕事は合っているかもしれない」「だんだん仕事が楽しくなってきた」「他の人よりも得意かもしれない」と感じるのです。

 

自分の能力や適性への実感は、実際に働いてみないとわからないのが正直なところです。実際にやるまで向いていないと思っていたことが、真剣に取り組んでみたら、実は向いていたと気づくことだってあります。

仕事の適性や楽しさというのは、長く真剣に働いてみなければわからないのです。

 

◆適性を分かるには何が必要か?

 

適性を把握するには、企業に勤める人たちを注意深く観察するのが一番です。

企業説明会、OBOG訪問、そして数回の面接選考を経て、多くの社員と会うチャンスがあります。

 

メーカーと商社、銀行とマスコミではそもそも話し方や文化、企業の価値観が全く違います。これは一定人数に会っていけば、必ず違いというものを実感できるはずです。

 

◆直感に頼らない企業分析の軸がほしい時

 

① 経営ビジョン・企業ブランド

② 業種・仕事内容

③ 人・風土

④ 待遇

がありますが、③については、社風分析が必要です。

できるなら、受ける前に社風を少しでも知りたい、その方法はないか?というのは応募者として当然の気持ちと思います。

 

社風を想像するには、

・業界ごとのビジネスモデルを理解すること

・どんな顧客がいるかを把握すること

が有効です。

 

社風はある程度読み解けます。次回、また続きを書きたいと思います。

 

では、就職活動・転職活動がんばってください!