· 

選考で聞かれる2つのこと

 

今回は、改めて面接で聞かれる内容を復習します。

 

ESや面接の選考で聞かれることは、大きく2点です。

 

1.仕事ができそうか?(あなたはどんな人ですか?)

2.うちでやっていけそうか?(我々企業とあなたは相性がいいですか)

 

このうち、1点目の仕事ができそうかという点については、未経験ですからあくまでもポテンシャルをみていくことになります。

そこで、過去の経験や本人の能力(思考力や説明能力、行動レベル)を確認し、活躍可能性が高いかを判断するのです。

 

参考:

 

2点目は、社風とのマッチングです。

具体的にいえば、会社の仲間とあなたがうまくやっていけそうかを確認します。

 

この2点目は、1点目の「仕事ができそうか?」にも大いに影響を与えます。

人間はいかに保有能力が優れていても、その環境がなければ能力を発揮できないのです。

 

逆に、社風がフィットしメンバーシップさえよければ、即戦力とならずとも、辞めなくてすみます。

辞めなくて済む環境だからこそ、じっくりと経験を積み、十分な成果を出せるようになるまで頑張れるのです。

 

結局のところ、選考で聞かれるのは、2つです。

それ以外のことはオマケと言ってもいいです。

 

1.仕事ができそうか?(あなたはどんな人ですか?)

2.うちでやっていけそうか?(我々企業とあなたは相性がいいですか)

 

面接ではくだらない質問にも答えなくてはならない時があります。

「動物に例えると何?」とか「あなたは何色?」みたいなくだらない質問です。

こういった質問には、いちいち対策はとらなくてもいいですが、上記の2つについては、よく考えた上で選考に臨みましょう。

 

では、就職活動・転職活動がんばってください!