· 

3メガ別「ここがポイント」神マニュアル  

 

金融機関の中でも三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3大メガバンク(以外3メガ)を目指している人は少ないでしょう。

 

そこで本日は、3メガがどのような人材を好む傾向にあるか独自の分析をお伝えします。

 

3メガの共通点

1)セミナー参加回数

2SPIの上位成績者

3)厳然たる学歴主義

 

まず(1)のセミナー参加回数ですが、銀行は全ての事実を数字という動かせない結果に基づき人物評価をします。企業の業績を決算内容に基づき融資判断をするわけですから、企業の成績が決算書であると同時に、学生の成績はセミナー参加回数でジャッジするというのはある意味で理にかなってます。

 

 

ですので、その人が何回、その銀行の学内セミナー、自社セミナー、または社員訪問や支店訪問を行ってきたのかを、全てチェックして選考の判断材料にします。

そして、面接時に応募者のセミナー参加回数を見て、いつから銀行に興味を持ち始めたかはもちろん、なぜ3回しかセミナーに参加していないのか。なぜ支店訪問はしていないのか、など徹底して突っ込まれます。

 

本人の意欲や熱意を客観的に評価できて動かすことのできない数字で判断し、似たような学生が居たら、セミナー回数3回の学生よりも、20回参加した学生を採用する傾向にあることはおさえといてください。

 

2)のSPIもこれと同じ考え方で、客観的に評価できて絶対に操作できない数字という事実に基づき判断する習性である銀行は、学業での成績とSPIの成績を重視します。理由は2つで、1つはSPIの成績は選考の効率化に非常に合理的で足切りしやすいためです。もう1つは、銀行は入行してから10個以上の資格を取らされるため、とにかく勉強ができなくてはいけません。
 

参考

メガバンクにフィットする性格とは

 

成績不振者や、留年者をほとんど採用した実績が無いのはそのためで、

成績やSPI上位者から、何の感情もはさまずに機械的に上から順番に残していき、SPIの結果が悪い人のボーダーラインより下は、バッサリ切ります。

 

ですから、学業成績は変えられないので、筆記試験勉強は頑張ってください。

 

3)の学歴主義ですが、これは学歴を見て採用するという意味と、学業成績とSPIの結果を単純に上から順番に残していったら、結果的に高学歴の学生だけが残るという2つの意味があります。

成績やSPIの結果は動かせないので仕方ないとして、学歴主義については、銀行には学閥が厳然として残っているのと、どこかの大学に偏って採用してしまうと銀行全体のバランスが崩れるため、ある程度学歴が均等になるように調整をかけます。

ですから、SPIでフタを開けたらみんな東大と京大だったというのもバランスが悪いため、東大でSPI上位者と、早稲田や慶應でSPI上位者であった場合、バランスを重視し早稲田や慶應が選ばれる場合も往々にしてあります。

 

さて、ここからは3メガ別好まれる人材について。

 

◆赤は、文武両道で人間力の高い人を好む

三菱東京UFJ銀行は、本邦トップカンパニーであり、世界に対してのプレゼンスも多大な影響力があります。

 

ですから、分かりやすい文武両道で優秀な人を好みます。勉強ができるだけではだめで、勉強ができて、かつ、学生時代に主体的に取り組んだ出来事で際立つものがあり、かつ面接で好印象を残せる表現力の高さも求められます。

 

優秀で有能で人としても魅力的な、圧倒的な存在感のある人間を好み、なにかが欠けていてはいけません。ナンバーワンであり続けるには、それだけの誇りと、自身と、勘違いに近いプライドの高さが要求されるものの、人に好かれる人間力も必要とされる。

 

体育会系でなければ採用されないわけではないので、そこはご安心ください。アルバイト経験だけで入れる人もたくさん居ます。

 

 

 

◆青は、とにかく真面目で勤勉な人を好む

1番分かりやすいのがみずほ銀行(みずほFG)です。みずほの特徴は、勤勉さと真面目さです。誤解を恐れずに言えば、真面目で勉強熱心であれば、見た目や性格は、多少難ありでも全く問題ありません、採用されます。

 

大学時代に1番力を入れていたことが、世界中をバックパッカーとして旅行していた話よりも、ゼミであったり、講義であったり、または塾の個別指導のアルバイトや家庭教師のアルバイトであったりする事を好みます。

 

みずほは、大企業はもちろん中小企業に対しても、他2行が最終的に断るような案件にも手を差し伸べる最後の受け皿的な位置付けでもあるため、相手に対して真摯に、真面目に、勉強熱心である事が、仕事で力を発揮する際にも共通するのかもしれません。

 

体育会でなくとも、アルバイトをした事がなくとも、とにかく真面目で勉強熱心である事をアピールする事。そして、メンタル不全の休職者がここ数年増加傾向にあるため、ストレス対処がうまいことや、ストレスを抱え込みがちにならない、気持ちの切り替えの早さも好まれるのでポイントです。

 

 

◆緑は、元気でチームプレイな体育会を好む

赤と青は、勉強熱心で有能な学生を好むのに対して、緑は少し個性的で、1にも2にもチームプレイを好みます。

リクルーター面談に力を入れている事もあり、横のつながり、縦のつながりをフル活用して母校に集団でリク面やOBOG面接会を開催したり、おせっかいなくらいに選考の直前期には毎週毎週呼ばれたりして、面接対策と称した面談が実施されます。

 

また、圧倒的な行動力とスピードでどこよりも利益を追いかける執着心が強いため、結果にコミットできる人材を好みます。

体育会で結果を残した。挫折から脱却してチームで優勝した。他者との競争でがむしゃらに頑張ってきた、というような、成果や結果に対する強固な姿勢と行動力は人事に刺さります。

 

簡単に言えば「アツい」人達が集まっているので、元気で明るく、前向きで、挫折しても何度でも立ち上がり、チームプレイで乗り越えてきたような人にはオススメです。

 

逆に、この暑苦しい社風が苦手でチームプレイを好まない人には不向きですし、多少おバカでも(失敬)、前向きさとガッツさえあれば、いいところまで選考は進みます。

 

 

以上です。

銀行は、全てが動かしようの無い「数」で人物評価を行うという事を念頭に、それぞれのカラー、社風、風土、文化に合った銀行を選んでください。

 

ちなみに、社風が合わないからといって他行を受けないのはNGです。銀行業務がやりたくて応募してきているのに、なぜ競合他行は受けてないの?と必ず突っ込まれます。

 

3メガ全て応募し選考に進んだ上で、それでも御行が1番なのです、と言える説得力を持つためにも、3メガ全てトライして、行動で本気を証明してください。