· 

他人が出したES例は意味がない?

 

ES提出の時期になってきました。

我々のもとへも、応募者からいろいろなご相談を頂いています。

 

さて、他者のESをネットで見たことがある人も多いと思います。

はたしてそういった情報は参考になるのでしょうか?

お手本としてマネすべきなのでしょうか?

 

ここでは、他者のESをみる際に気を付けるべき点をお伝えします。

 

◆内容について

言うまでもなく、自己PRは人それぞれです。

内定者のESを入手しても、それを話すのは自分ではありません。またESはあくまでも「エントリー段階のシート」です。

これだけで、内定までもらえるという甘い話でありません。

 

また、志望動機ですが、人によって、やりたいこと、貢献できる自分の強みや性格というものはバラバラなはずです。

それらをふまえずに、単純に入手したES例を似せて書くことは全く意味がないでしょう。

 

◆表現について

まず、気をつけなければならないのが、自分の語彙の範囲なのかという部分です。これは、我々のようにES添削しているプロは特に気を付けている部分です。

自分が普段使わない言葉遣いや単語を羅列しても、文章としての魅力度は落ちてしまいますし、面接で伝えようとしても、借り物の言葉では説得力が出ません。

 

そして、他者のESを参考にする上では、書き手が自分の性格と近いかどうかにも気を付けましょう。

自分がどちらかというと弱気な性格なのに、強気な他者のESをマネしても意味がありません。

例えば、「私なら活躍できる」とか「誰よりも売って見せる」と書いたところで、それは知らない誰かを演じていることになってしまいます。

自分の性格やバッググランドと近しいESであるかどうかも、参考にする際に意識してみてください。

 

◆全体構成を知る上では有益ではある、ただし・・・

他者のESで参考にすべきは、その構成です。

自分が採用担当になったつもりで、なぜわかりやすく説得力があるのか、着目してみてください。

 

注目すべき要素としては、3つあります。

「簡潔に」・・・無駄がなくわかりやすい文章か

「具体的に」・・・曖昧でなく、説得力を持たせる根拠や事実が表現されているか

「論理的か」・・・結論と根拠がつながっている等、因果関係の正しい文章か

 

これらは文章表現の基本ですが、人によってかなり差が出る部分でもあります。

 

他者のESをみるのは無駄ではありません。

ただし、これから提出するあなたは、その人ではない。

よって、他者のESから学ぶべきは、その文章の流れ(論理構成)や表現方法の部分であり、内容そのものではないのです。

 

ある程度は抽象化して吸収しないとES例は、意味がありません。

具体的なエピソードの面白さとか、内容の奇抜さに目がいってしまうと、わけのわからないマニアックなESとなってしまいます。

 

◆ES本来の意味を復習しよう

エントリーシートは、あなたを応募先の企業に理解してもらうための書面です。

目的は、読み手である採用担当者に「会ってみたい」「詳しく内容を確かめたい」と思わせることです。

採用担当を笑わせようとか、応募者の誰よりも変わったことを伝えるためのシートではありません。

あなたの良さを伝えるための提出物であるという、大前提をおさえて書きましょう。

 

では、就職活動・転職活動がんばってください!