· 

日本型採用もわるくない!

欧米系の企業と日本企業における採用の違いとはなんでしょうか。

今回は、それぞれの違いを紹介します。

 

◆欧米系企業の採用

ここでの採用は、ポストとの契約を指します。

雇用時は「ジョブ・ディスクリプション」という職務記述書に則り、役職と仕事内容が規定されます。

採用された人は、その会社に入社するというより、そのポストに入社するような形になるのです。

 

例えば、「名古屋の営業課 営業課長補佐」として採用されるイメージです。

入社後は、異動はもちろん、出世もありません。

あくまでも、そのポストとの契約となるからです。

これが欧米系の雇用の実態です。

 

異動するにも、昇進するにはどうしたらいいか。

改めてそのポストに応募して、契約ができた場合のみ可能となるのです。

よって、自社で黙っていても昇進できないことから、競合に転職して上位ポストを得るということが日常的に行われます。

 

特定の決められた場所で、決められた仕事を担当するというイメージですので、同じ仕事をやっていきたいという志向の方には、向いている働き方でもあります。

 

日本企業のように、他の部署が大変そうだから・・・新しい部署ができたから・・・という理由で「兼務」を連発し、とりあえず不足人員の穴埋めをするということもありません。

得意領域で、キャリアを積み重ねていきたい人にとってはハッピーな世界でもあります。ただし、特定ポストとの契約であるため、その部署の仕事がなくなれば、あなたの居場所もなくなってしまいます。その点は、非常にシビアな人情味のない世界ともいえるでしょう。

 

◆日本企業の採用

日本では、就職活動や転職活動といいつつも、異動を前提とした就「社」の色合いが強い雇用契約です。

 

この異動を前提とした契約の中では、いくつかのメリットがあります。

 

◆メリット1:異動というセーフティーネットがある

 

特定のポストへの契約ではなく、会社との雇用契約となるため、

・入社後に活躍ができなかった

・入社後に他にやりたい仕事が見つかった

・ライフイベント(ex.出産や介護、子育て等)に合わせて働き方を見直したい

・配属先の人間関係が悪くて頑張れない

・得意先や関係者とうまく折衝ができないので担当変更を希望したい

といった、入社後の諸問題に対して、異動や配置換えを図ることで対応ができます。

 

もちろん、これらに対応するには一定の組織人数が必要となりますが、おおむね150名以上いれば、可能でしょう。

会社は、時間がかかっても異動という形であなたの次の配属先を調整してくれるはずです。

辞めなくて済むというのは、かなり大きなメリットと言えるでしょう。

 

◆メリット2:キャリア・パスの機会がある

社内の状況に応じて、自分のキャリアに拡がりが持てます。

・新規事業を立ち上げるので、人材が必要

・上位ポストの人材が必要(例えば、A課の課長が上位職層に昇進したため、ポストに空き枠が発生した)

という場合は、社内から優先的に人材を調達(異動)するのが一般的で、これは社内にいる人間ならチャンスがあるのです。

 

 

◆メリット3:ゆっくりと着実に成長できる

欧米系の企業では、仕事内容がジョブ・ディスクリプションに規定されていると書きました。

求められる仕事内容はプロとして結果を出さなければならないというシビアな世界であり、中途採用がメインの雇用となります。

 

一方、日本企業は細かくは規定されていないため、配属当初は難易度も低い仕事を処理することからキャリアはスタートします。

そこから経験を積んで、だんだんと大きな仕事ができるように、ゆっくりと成長していけます。

新卒の何もわからない&できないような状態であっても、じっくり仕事を覚える機会を与えてもらえのです。

 

日本の雇用は、様々なメディアに批判的に議論されることもあるのですが、長い期間働くという前提に立つと今回みてきたメリットは、非常に価値があることに気づけると思います。

 

それぞれの仕組みの違いを理解した上で、就職活動・転職活動をしてみてください!