· 

面接官も納得!たった1つの転職理由  

 

◆本音が正解でも正義でない

建前だけで転職理由を伝えても、相手からしてみると、なにか本心を隠しているのではないかと直感的に見抜きます。

 

かといって、

 

・残業が多すぎて

 

・上司と合わなくて

 

・仕事内容が向いてなくて

 

と話したところで、また同じ問題を抱えて辞めてしまうのではないかという余計な心配を抱かせてしまいます。

 

本音、本心を明かすことが最も相手の心には響くものの、そのさじ加減は社会人のマナーとしてわきまえた方がよいです。

 

 

 

 

◆ポイントはいかに「共感」してもらえるか

仮に、営業が合わない、上司とソリが合わない、お給料が低い、残業が多くて自分の時間が取れないなどのネガティブな理由だとします。

転職を考えて決心した時点で、現職の企業にはなんらかの見切りをつけていることは、応募先の企業は100も承知です。

 

ですから、

 

・これまでの経験・スキルを活かして…

 

・よりキャリアアップを目指して…

 

と、転活にお決まりの常套句を述べても、相手企業は

 

「またタテマエだけの綺麗事だな」

 

思うだけで、心には響きません。

 

ですから、自分はどんな性格でどんな特徴があり、どこまで我慢できてどこまでできなくて、どんな場面で強みを発揮できるのか。

 

そのような自身のパーソナリティを正確に客観視することが前提となります。

 

その上で、本音を織り交ぜながら、勇気のいる転職という決断をしたことを正直に話してください。

 

そこでいかに「共感」してもらえるかということがポイントになります。ネガティブな理由だけ並べても、企業はリスクを抱えるだけです。

 

例えば、

 

・営業には真剣に取り組んでいたがこのままなんの疑問を持たずに定年まで今の業務を続けていくことに違和感があった

 

・朝起きて終電で帰って寝るだけの生活が続くなかで、自分と向き合うことができずに、本来の自分を見失いかけていた。

 

・人間関係は良好でしたが今後家族を養い育てていくには経済的に限界でした

 

という、少し婉曲的に話し方を変えるだけで、単にワガママで堪え性のない性格が原因で辞めたとは思われずに共感を得ることができます。

 

◆人間関係や上司との相性NGはタブー

どんなに職場の人間関係が良くなくて、教育も人材育成もOJTも全くなく、上司がパワハラ気味でもうなにとかもやってられなくなって逃げるように辞めたとします。

 

それでも、

 

・「人間関係が最悪で上司とも合いませんでした」

 

・「聞いても誰にも教えてもらえずずっと放置されてました」

 

と本音を正直に伝えるのは好ましくありません。

自分がその過酷で合わない環境下においてどんなに改善を重ね自分から歩み寄ったり成果に向けて取り組んだりしていたとしても、所詮ガマンが足りなかっただけではないか、と思われてしまいます。

 

その中でも、身についたスキルや知識、経験を語ることが前向きな転職理由になるのですが、申し上げたように前向きな綺麗事ばかり並べられても、

 

・「じゃあ今の職場でとどまればよいではないか」

 

と思われても仕方ありません。

だからこ、本音と建前のバランス感覚が大事なのですが、人間関係のトラブルは、どの職場でも必ず起こることですので、それを転職理由に本音で話すことはリスクが高過ぎます。

 

本音と建前を使い分けるのが社会人として、日本人としてのマナーという前提があるならば、ここは相手の望む答えに合わせて、ある程度前向きなものに話し方を変える必要があります。

 

◆絶対に譲れない自分のこだわりを伝える

では、実際に、どこまで本音でどこまで建前で話すことが相手に共感を得るかについてです。

 

それは、たった1つ、
 

「絶対に譲れない働き方のこだわり(軸・信念)」

 

です。

 

自分がどんな仕事がしたいという職種ショッピングのことを言っているのではなく、
自分が働く上で絶対に譲れないものを簡潔に伝えるという事です。

 

例えば、営業が合わないから、ではなく、




例1
私は、利益偏重の今の企業の方針や風土よりも、顧客とより近い距離で長期的に共に歩み、提案型の仕事をしていくことで相手の利益に資する働き方を望むから。

 


例2
今後も自活していく上で、正当な評価をしていただいていましたが、それでも今の職場の給与では生活が立ち行かなくなる状況で、かつ朝から終電まで働き続ける中で、本当にこのまま今の職場で続けていくことができるのかと真剣に考えたのが正直なところです。



例3
規則的に決められた定型業務を組織の方針や判断に従いこなしていくことは、もちろんそれも大切なことではあります。しかし、完全に没個性の中で手続き通りに進める型にはまった業務よりは、裁量の範囲が広い中でより柔軟な発想と思考で、徹底した顧客視点の業務に携わりたいという想いが強くなっていったため。




などです。

 

自分がどんな性格で、働く上でなにを最も重視していて(仕事の中身なのか、お金なのか、それとも別のなにかなのか)、また、どうすれば長く働きハマる人なのか、という事を正直に本音で伝えるということが大切です。




恨み節にならないように、かつ、綺麗事だけ並べた上っ面の転職理由にならないようにという、共感を得るためのバランスの取れた伝え方のポイントは、

 

 

「自分が働く上でなにを最も重視していて、どんな環境であれば強みを最も発揮できるのか」




を伝える事です。

もちろん、自分のそのような働き方の軸が、応募先の企業で叶うかは分かりませんし、その自分の働き方の軸を伝えて、うちではその希望に応えることはできません、という評価で落とされることがあります。

 

しかし、上っ面の表面的な転職理由を並べても、また同じ壁にぶつかることもありえますから、絶対に譲れない、軸や信念は伝えなければ相手もマッチングの判断がしづらいです。

譲れないこだわりを伝えて、相手に決めてもらうのです。

 

具体的な個別事情は人により異なりますから、なにかありましたらwebページからご相談ください。