· 

陳腐な言い方は、止めておこうという話

陳腐な言い方は、止めておこうという話

就職活動や転職活動のESに「あなたの欠点はどういうところですか?」と書かせる欄があるところも多いです。

面接で聞かれることもあるでしょう。

その回答例として、よくある悪いパターンをご紹介します。

 

◆よくある悪い回答例

(例1)

私は空気を読み過ぎる性格です。周りの気持ちを理解するのが得意なので、ついつい対立した意見に対して、一歩引いて客観的に様子をみてしまいます。

 

(例2)

私は何事も集中しすぎる傾向があります。集中すると周りがみえなくなってしまい、達成に向けてついつい、がむしゃらに動いてしまいます。

 

こういった表現、どこかで思い当たるふしはありませんか?

 

◆これらの何がいけないか?

どちらも、自分の長所を裏返して表現しているだけだからです。

欠点を聞かれているのに、無理やりアピールにつなげています。

それは採用担当が見飽きているケースなのです。

 

就活や転職活動のアドバイスをしている我々の実感値としても、せっかく欠点を聞かれるのに、アピール系で回答する人が本当に多いです。

ダメなマニュアルの読みすぎと思われてしまいます。

 

◆では、どうしたらいいか?

上記はどこかで読んだようなマニュアルにそった回答でした。

ここでの回答はシンプルで、本当に欠点だと思っていることをいえばいいだけです。

ただし、

・私はキレやすく、すぐに不機嫌になるため、人望が全くありません。そもそも人に興味がないですし・・・。

とか

・よく「不潔」といわれます。自分ではよくわからないのですが・・・。

では、話になりませんね(笑)。

 

面接は基本的にはアピールポイントを根拠付きで確認します。

でも、人間は完全無欠な存在ではありません。

働いていれば、良くない点や改善点もみえてくるものです。

だから、採用担当者は、応募者が欠点を客観的に把握できているか聞きたいのです。

 

例えば、

※これはマニュアルではないので自分で応用してください※

・私は、意地悪な性格です。人の反応を確かめたりするところがありまして・・・

・私は、人見知りなところがあります。初対面での雑談が苦手で困ることがあります・・・

と「欠点を欠点らしく表現する」ことをお勧めします。

自分を客観視できていて、正直に語る部分に面接官は興味をひかれるはずです。

 

その回答に対して、

「それなら、うちでは全然やっていけないね」と言われたら、そもそも、その企業では活躍可能性が低いのだから、落選したとしてもよかったととらえるべきでしょう。

嘘をつき通して入社しても本当に苦労しますので。

 

今回は、正直に伝えることの効用を書いたつもりです。

では、就職活動、がんばってください!