2019年2月

2019年2月 · 2019/02/26
当ブログでは、応募者のために応募者の視点で書いています。 今回は、よくリクナビやマイナビで企業がアピールしている、20代で活躍できる企業の実態について考察します。 年金支給年齢の引き上げにより、65歳を定年とする企業が増え、その後も再雇用していく時代となりました。 大卒入社しても、40年以上働く時代です。...
2019年2月 · 2019/02/24
前回の記事 自分と企業の相性を知りたくはありませんか? 企業ごとにある社風、これについては、2つのヒントから読み解きます。 社風を想像するには、 ・業界ごとのビジネスモデルを理解すること ・どんな顧客がいるかを把握すること が有効です。 なぜ、社風の理解が重要なのか?...
2019年2月 · 2019/02/22
旅行が好きだから、旅行代理店、服が好きだからアパレル店員。 果たしてそれは幸せなのでしょうか。 例えば、まちづくりや空間デザインが好きだから不動産デベロッパーを目指そうと考えます。...
2019年2月 · 2019/02/16
以前の記事、そのやり方合ってる?「自己分析」の落とし穴では、とにかく実践あるのみで、ESを書いて出してみることや、社会人と接点を持ち具体的に動くことで自己を知ることの大切さをお伝えしました。 それでも、 ・自分の強みや長所が分からない ・学生時代に華々しい経験をしてこなかった ・自分には特になんの取り柄もない と考えている方もいるでしょう。...
2019年2月 · 2019/02/14
・家や車、保険商品などの営業 ・知識、ノウハウ、アイデア、サービス業 ・半導体、電子部品、精密機器、化学品 ・鉄道、航空機、工場、発電所… 事業を営む企業には、自分が知らない業種を含めると実に幅広く、その中から自分にフィットする仕事を見つけるのは大変です。 ◆そもそも、適職なんてあるのか...
2019年2月 · 2019/02/12
あまり男女で分けて話をしたくないのですが、女性には結婚・出産というライフイベントを考慮する必要があるため、本日は職掌別(職種別)採用についてです。 労働政策研究・研修機構の調査によると、転勤によって結婚がしづらいという人は、およそ3割にのぼるそうです。 参考 TBSニュース http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2957683_ie9.html...
2019年2月 · 2019/02/10
前回のブログでは、特に文系は、新卒から営業を経験しておいた方がよいメリットについて取り上げました。 ◆ニガテなものは後回し? 夏休みの宿題や、嫌いな食べ物は最後に残してしまいますか?すると、その時には非常に大きな負荷(ストレス)がかかります。...
2019年2月 · 2019/02/08
昨年、学生の約9割が営業をやりたくないというアンケートが出ました。 参考 News Picks https://newspicks.com/news/1456454/ サンプル数が少ないため、鵜呑みにはできませんが、新卒の皆さんはやはり営業職に多少抵抗があるようです。...
2019年2月 · 2019/02/06
皆さんは、昨年話題を読んだドラマ、『逃げるは恥だが役に立つ』を観てましたか?星野源さん演じる、IT企業に勤めるシステムエンジニアの設定が確か35歳でしたね。経験もスキルも資格も持った彼のようなハイスペック人材は、世間一般的には転職するには遅いとされている35歳でも、その経験や技術力が欲しい企業からは引く手あまたでしょう。...
2019年2月 · 2019/02/04
前回のブログでは、転職を真剣に考えて決意している時点で、今の会社に何らかの見切りをつけていることをお伝えしました。 それでは、いつ、どのタイミングで転職することがよいのでしょうか。 ◆3月は最大、9月はその次に求人が出る...

さらに表示する