· 

顔採用と人事のホンネ

「顔採用」と人事のホンネ_
◆イケメン&美人は就活有利?
学歴フィルターや縁故(コネ)採用同様、ず〜っと議論されている「顔採用」の有無。
結論的に、見た目は評価に少なからず影響します。厳密に言えば、決定レベルの評価基準ではないものの、参考レベルの基準にはある位置づけです。
不潔、不衛生といった身だしなみがなってないのは論外で、例えば肥満の方も体型の維持というセルフコントロールが出来ない人という判断基準の参考にされます。_
◆自分に持ってない才能に惹かれる動物的本能
人間のさがでしょうか。人は一般的に自分に持っていない知識、経験、能力といった「才能」に惹かれます。人事視点的には、その才能が会社の利益をもたらす要因の一つと仮定できるので合理的です。
無いものに惹かれるという意味で、自分とは真逆の人を好きになる恋愛にも通じるかもですね。とはいえ、恋愛は実益以外の部分で相互に幸福をもたらすので採用とは別ですが。笑
その、相手が持っている「才能」という評価項目の中に「頭の良さ(論理的思考力等)」や「見た目の良さ」も含まれます。
もちろん、評価項目にイケメンや美人という「お顔スキルの高さ」は存在しません。
しかし、人事や採用の繁忙期に猫の手で駆り出された現場社員の素人面接官は、目から入る情報に評価が潜在的に影響されています。
これは、相手に信頼感や安定感を与えるだけではない、この人ともっと話したい、一緒に働きたいといった本能的・動物的な嗅覚が働いています。(現場社員はともかく、そんな嗅覚にほだされる人事はプロとは言えずシロウトですが…。)_
◆見た目を超越する最強スキル「対話力」
人と話していて、おもしろくないと感じたり、相手に興味がもてなかったりする時には、自分もさることながら、「相手がつまらなさそう」と感じるからではないでしょうか。
例えば、相手の目が笑ってない、無表情で相づちも無い、こちらの言っている内容をがきちんと理解してくれてるのか分かりづらいなど。
逆に、適切な相づちと共に自然な笑顔をベースとした対話スキルはとても重要です。お顔スキルが高くなくても、この相づちと笑顔は最強の武器で、相手もきちんと話を聞いてくれているなと安心感を得られます。
ヘラヘラとただ笑っていればいいわけではありませんが、自然に相手に目線を合わせ、適切な相づちと笑顔を実践できる対話スキルを高めれば、選考通過率も高まると考えます。
変えられず、超えられない「見た目」という自分が持っていない武器に嘆くのではなく、今すでに手にしている自分の武器をもう一度磨きをかけ、対話スキルを高めていきたいですね。
そもそも、見た目でグラつくようなシロウト人事が面接官の企業なんてこちらから願い下げですが笑。
#代々木キャリアセンター

ありがとうございました。

 

#代々木キャリアセンター #就活 #転職 #ES添削 #面接対策 #就活・転職アドバイザー